栃木県日光市三依地域 観光サイト ひぃふぅみより

2018.01.12
イベント

第10回三依雪合戦大会 参加者募集!

LINEで送る

毎年冬に開催されている三依雪合戦が今年度も開催されます。

今回で10回目の開催となる、三依雪合戦。気温は寒いけど、熱い戦いがここにあります!

三依杯雪合戦とは?

雪は地域の方々にとって厄介ものですが、都市部に住む私たちの目には、実に素敵な資源として映りました。「冬の三依も素晴らしいところ、たくさんの人たちに来てもらうにはどうしたらいいか」と考えたのが、雪を活用した雪合戦の開催でした。

特定非営利活動法人宇都宮まちづくり市民工房さん、三依杯雪合戦実行委員会主催のもと、2009年から毎年行われており、今年で10回目を迎えました。

三依地区は毎冬、たくさんの雪が降り、地域住民からしたら雪が厄介者になっています。そんな雪をどうにか利用できないかと立ち上がってくれたのが宇都宮まちづくり市民工房さんをはじめとする、実行委員会の皆さんでした。

都会から来る人には、多くの雪を見る機会は少なく、そこで遊ぶ機会も少ない。また、たくさんの人を集めるにはどうしたらいいかと考え、雪合戦を計画したそうです。

三依杯雪合戦は、人に雪玉をあてるのではなく、ボードに雪玉をあてる、「スノーバトルin北会津」のルールを採用していますので、子どもや女性も安心して参加できます。

 

三依杯雪合戦のルールは?

上記にも書きましたが、雪玉を人に当てるのではなく、ボードにあてる雪合戦となっています。

福島県北会津で行われている「スノーバトルin北会津」が元祖で、相手チームの5枚のボードを早く倒したほうが勝ちというシンプルなルールになっています。しかし、雪玉制限があり、1チーム45個。また、ボードの前にはキーパーがおり、簡単に倒すことはできません。

投げる場所も決まっており、男性は12m、女性・子どもは8mラインより後ろから投げないと反則になってしまいます。

 

1チーム6人+控えの構成となっており、一般の部と子どもの部に分かれています。子どもの部には大人が2人までエントリー可能ですが、大人はキーパー限定での参加となります。

その他詳しくは三依杯雪合戦WEBサイトをご覧ください。

三依杯雪合戦の概要・申し込み

参加資格 雪遊びが好きで、地域の人たちとの交流に興味がある方。
チーム編成 1チーム6名 控え2名
チーム数 一般の部16チーム、子どもの部(小学生以下)12チーム
競技方法 スノーバトルin北会津のルールによる
参加料 3000円/1チーム(イベント保険代込み)
申し込み期限 2018年1月31日
持参するもの 軽食(おにぎり等)、防寒具、長靴を忘れずに。
その他 天候によって中止になることがあります。

 

※問い合わせ

申し込み・お問い合わせ先 三依杯雪合戦実行委員会
TEL・FAX 028-663-3158 / 080-1360-1606
E-mail grden_sh639@ybb.ne.jp
三依杯雪合戦WEBサイト WEBサイトはこちらから

WEBサイトから申込書・競技ルールをダウンロードが出来ます。

是非一緒に三依の冬を熱くしましょう!

LINEで送る